蔵書買取の決まりの詳細について

This page:TOPへ戻る > 蔵書買取の決まり

蔵書買取の決まり

蔵書買取には、いくつか法律で定められた決まりがあります。たとえば、18歳未満の場合は保護者の同意が必要になることは、そのなかでもよく知られたものでしょう。これから本を売ろうと考えている人は、古物営業法や青少年保護育成条例といったような法律や条例によって、中古本の売り買いにはルールが定められていることを知っておかなければいけません。

18歳以上の場合でも、本人確認が必要になるので、運転免許証や保険証など、身元の確認できるものを用意しておく必要があります。多くの場合は、査定額が提示されて売却すると決めた際に確認が求められます。持っていくのを忘れてしまうと、その場で売買の取引ができなくなってしまうのです。また、18歳未満のケースでは保護者の同意書と身分証明書の2点が必要になります。


 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001